フクシマを思う3 「フクシマの今を聞く」

| FUKUSHIMA

2011.11.28(月)19:00開演

お話:中手聖一(子供たちを放射能から守る福島ネットワーク代表)/演奏:ZUI(ブルース・ヒューバナー&原とも也)/朗読:金子あい

吉祥寺光専寺

どうして子どもたちが被爆し続けなければならないのか?そして、なぜ誰も責任を取る者がいないのか?汚染地帯に放置されている 30 万人の子どもを助けるために、福島の親たちを中心に結成された「子供たちを放射能から守る福島ネットワーク」は、自主的避難や疎開の呼びかけ、測定・除染、正しい知識の普及や、政府当局への年間被爆 20mSv 基準の正式撤回・情報開示を求める活動など行っています。その活動を通して見えてくる大きな問題点。今、福島を思う私達は具体的に何ができるのかを考えます。アーティストゲストは、このシリーズでおなじみの尺八奏者ブルースさんとギタリスト原とも也さんのデュオ「ZUI」。被災地での演奏の話も交えながら、和洋の邂逅、ジャズ&ブルーズ の素敵な音楽を演奏していただきます。そして、 金子あいの朗読は「和合亮一・詩の邂逅」より。

(Visited 1 times, 1 visits today)

Comments are closed.