浄瑠璃芝居「六道御前」成田公演

| NEWS, STAGE

浄瑠璃芝居「六道御前」〜石牟礼道子『西南役伝説』より

1980年刊行の『西南役伝説(せいなんえきでんせつ)』は、西南戦争に翻弄されながらも必死に生き抜く名もなき農民や漁民たちによって語り継がれてきた声に耳を澄ました石牟礼道子初期の作品であり、その中の短編「六道御前」は、流浪の芸能者おろく婆さんが西南の役により天涯孤独になった壮絶な半生を語る、深く心を揺さぶる物語です。
生涯熊本で暮らし、土着の文化や芸能を愛し、現代文明を深く見つめ、社会から捨てられた最下層の人々の声なき声を聴き続けた石牟礼道子のメッセージをぜひご覧ください。

浄瑠璃芝居(じょろりしばい)とは?

「じょろりとは子どもの時分目にした三味線を伴奏に物語る芸能」と石牟礼道子は書いています。この作品では金子あいがおろくとなって物語り、歌い、舞うとともに、三味線の佐藤岳晶が九州の様々な民俗芸能から取材し作曲した様々な音楽が、石牟礼道子を育んだ豊穣な世界に迫ります。何もない舞台に鮮やかに風景が見えてくることにきっと驚くことでしょう。2017年4月には、直接、生前の石牟礼道子さんにご覧いただき、翌2018年4月には追悼公演として、東京の吉祥寺シアターで上演し大変な反響があり、再演のご要望をたくさんいただいた作品です。

【日時】2020年2月28日(金)13時30分開演/18時00分開演(2回公演)
【会場】成田市文化芸術センター スカイタウンホール(JR成田駅前)
【チケット料金】一般:3500円/グループ(2名以上で1枚):3000円/高校生以下:1500円
 ※未就学児入場不可

【出演】語り芝居:金子あい/三味線:佐藤武晶/尺八・能管:設楽瞬山
【構成・演出】笠井賢一

【チケット取扱】
チケットぴあ0570-02-9999(Pコード498196)
成田国際文化会館 0476-23-1331
新星堂ユアエルム成田店 0476-26-1117
ボンベルタ成田店サービスカウンター 0476ー26ー2111(代表)
古書くさかんむり(佐倉市立美術館1階)043-485-7851
多古町コミュニティプラザ 0479-76-7811
成田アートアクション実行委員会 080-5192-5241(10時〜20時)

(Visited 37 times, 1 visits today)

Comments are closed.