フクシマを思う29「原発事故から九年、小児甲状腺がんに寄り添う」

| FUKUSHIMA

開催延期

【延期のお知らせ】
下記3/24のフクシマを思う29は、新型コロナウィルスの感染拡大が懸念される現状を踏まえ、延期することにいたしました。
延期の日程はおそらく秋以降になると思います。決まりましたらまた改めてご案内いたします。ご参加予定のお知り合いがいらっしゃいましたらお伝えいただけましたら助かります。
よろしくお願い申し上げます。
フクシマを思う実行委員会


吉祥寺チャリティライブ フクシマを思うシリーズ29

「原発事故から九年、小児甲状腺がんに寄り添う」

【日時】

2020年3月24日(火) 19:00開演/18:30開場

【出演】

お話:千葉親子(甲状腺がん支援グループあじさいの会事務局長)
演奏:李政美(歌)、竹田裕美子(Key)
朗読:金子あい

【場所】

吉祥寺光専寺本堂
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-21
(JR中央線「吉祥寺駅」北口下車 徒歩8分)

【料金】

一般:2,000円
23歳以下:無料
全席自由 ※要予約
(開演60分前より当日券販売。満席の場合はお入りいただけないことがございます。)
※入場料の一部は「未来の福島こども基金」他に寄付いたします。

【主催】

フクシマを思う実行委員会

【ご予約・お問合せ】

090-2474-7911(鎌内)
fkomou@gmail.com / Fax.0422-55-7351
(お名前、ご連絡先、お申込み人数を明記して下さい)

*今回は無料託児サービスがあります!(定員あり、要予約)
生後6ヶ月以上9歳未満。3日前の正午までにご予約ください。

090-2474-7911(鎌内)現在、福島県で見つかっている小児甲状腺がんについて、専門家や報道機関は治療の必要がない「軽いがん」であるかのように扱っていますが、必ずしもそうとは言えません。
子どもが「甲状腺がん」と告げられたら、家族は大きなショックを受けるでしょう。
2011年の東京電力福島第一原発事故により、一定の内部被爆をした可能性のある地域では、その衝撃はさらに大きいはずです。
郡山を拠点に活動している小児甲状腺がん患者と家族、支援者による支援グループの千葉親子さんに福島の現状をお話しいただきます。
そして、李政美さんの心震える歌を竹田裕美子さんのキーボードでお聴きください。
金子あいの震災詩の朗読にもご期待ください。

Facebookページ
https://www.facebook.com/events/392669558082602/

(Visited 92 times, 1 visits today)

Comments are closed.